Abundzu

Lebe gehorsam

<

Pride and Prejudice 

※1813年に刊行された、ジェイン・オースティンの2冊目の長編小説

 

 

好きなものを食べ、好きな本を読み、好きな時間に眠る

そんな生活が終わった。

 

家族が居ない間 心の底から思った事、

「一人がいい」

 

家族も大切だけど、

ママもダーリンも大切だけど、一人で過ごす時間はとても大切で。

仕事も家事も両立なんて私には無理で。

ママに愚痴ると

「他の家庭は子供も居るんだよ。子供の居る家はどうするの?」なんて言われて。

 

前向きですよ、ぶーこちゃん。

こころ痛むニュースが無い限り。

ただね、

ちょっとだけ ひねくれもの でしてね。

被災地の報道をみる度、被災者のコメントを読む度、ひねくれた感情が出てきてね。

まあ、人それぞれで。

 

 

 

何度も読み返している大切な本

何故か同じ小説が何冊も。。。(>_<)

 

 

ボロボロになるまで読んだ本

  ↓

ja.wikipedia.org

そうそう、最近 自分に言い聞かせている事。

 

・あの世に本は持って行かれないよ。 

 

人生の折り返しはとうに過ぎ、これからどう生きるか考えている。

ママやダーリンが亡くなったら、自分の生活はどうするか。

やっぱり日本は出たいな。

墓終いをしなくちゃな。

家も売って、

資産の計算をして、印度へ!

 

マ:【ぶーこちゃんね、今はそんな事を言ってるけど

   歳をとれば動きたくないもんだよ。      

   結局 日本に残るよ。

   年をとるって そういう事だよ。】

 

妙に納得しちゃう自分がイヤかも。。