Abundzu

Lebe gehorsam

<

悲しみよ こんにちは

※また一人、ブログの世界からいなくなった。

 

大好きなブログ?

ちょっと違う。

 

楽しいブログでした、彼女のブログは。

 

今年になって二人。

大好きなブログが更新されなくなる。(なった)

 

 

お弁当の写真を載せていた

とても面白い書き方をする女性のブログと、

 

優等生で、児童会長みたいな先生のブログ。

彼女は優しすぎるくらい、優しい。

限りなく黒に近い私の性格では、彼女の真っ白な思いは眩しかった。

 

勝手な思いだけど、

いつの間にか更新されなくなって閉鎖してた。って、

そんな感じが良いな。

サヨナラって言われると、悲しい。

 

でもケジメは必要なのかも知れない。

更新を待っている人がいるものね。

 

悲しみよこんにちは

1954年に発表されたフランス作家フランソワーズ・サガン小説

 

小説の内容と、

今回のブログの内容は 一致する箇所は何処にもないけど、

題名がね、一緒の気分だったの。

 

 

さよなら

 

 

 

 

 

悲しみよ、こんにちは