Abundzu

Lebe gehorsam

沈黙

※語れない程の悲しみでしょうか。

 

母方の祖母、

生きていれば96歳、戦争体験者である。

戦後アメリカへ渡米し、日本に戻る事はなかった。

 

子供の頃から疑問に思っていた事がある。

祖母は何故アメリカへ行ったのか。

我子を日本に残し、何故?

誰に聞いても教えてくれない。

私の母も分からないと言う。

 

もう一つ分からない事がある。

祖母は戦争の話をしない。

祖母だけではない。

日本にいた我家の親戚一同、誰も語らない。

近所のジジババも話さない。

 

小学生の頃、「はだしのげん」という漫画を読んだ。

夏になるとお勧め図書として図書館に並ぶ。

戦中の出来事を漫画にしたのだが、これは苦しすぎる。

今でもあるのだろうか? 

 

父や母に戦争の話を聞くが、困る事はなかったという。

母は戦後生まれの為、空襲を知らない。

父は幼過ぎて記憶にない。

つかえない親だ。

 

私の周りの人達は誰も戦争の話をしない、したがらない。

 

アメリカで祖母に聞くが反応無し。

私を抱きしめ、頭を撫で

「今晩は何が食べたい?」と話をそらす。

質問した内容も忘れ、私の思考は肉に変わる。

この親にして この子あり。

 

 

読者登録をしている方のブログを読み、

終戦記念日に手を合わせる祖母の姿を思い出した。

※ 金広 栄 (id:kanehiro-sakae)さん、勝手にゴメンナサイ。

  この内容、感じるものがあって...

 

kanehiro-sakae.hatenablog.com

   

『許し難きを許し憎しみの連鎖を断ち切ってください』

 ※抜粋

 

私の祖母は、

ジジババは、

戦争の苦しみ 悲しみを、

乗り越える事が出来なかったのかも知れない。

本当の気持ちは分からないけど。

 

終戦記念日は必ず手を合わせていた祖母。

一度アメリカで、

終戦記念日ではない、敗戦記念日だろ」と言われた時、涙を流した祖母。

 

人間に欲がある限り、争いごとは起こる。

 

母方の祖父母も、父方の祖父母も、誰も戦争の話をしない。

何も言わないまま みんな亡くなった。

沈黙したまま いなくなってしまった。

 

 

もうじき黙禱の日が来る。