Abundzu

Lebe gehorsam

<

心の中はジェットコースター

※子供は親を選べない

 

「自由になれる気がした、15の夜」:尾崎豊

 

「足に絡まった鎖引き裂いて

 自由になれよ、子供のように」:BOØWY

 

 

スーパーで立ち話をしている女性陣と遭遇。

これがまた長く永遠と話している、売り場の前で。

 

小学校低学年の子供はスーパーの中を走り回る。

そりゃ母ちゃんたち長話してるもんな。

暇だわな。

 

そのうち一人の女性が怒鳴り出す。

「ウロウロしないで!」「ちょっとぉー」ってな具合。

そんで軽く叩かれる。

子供は お決まりの泣きじゃくり。

 

中学生の子供(女性)は半分諦め。

近くのお菓子売り場を物色。

「ママ、これ買って」って、軽くおねだり。←慣れてるな(笑)

 

子供の頃は早く大人になって 自由になりたいって思ってた。

大人になったら子供時代が 一番自由だったと気付いた。

 

今の子供達はどうだろ?

自由か?

楽しいんでいるか?

感性育んでいるか?

親は選べないけど友達は選べるぞ。

 

立ち話をしている女性陣達も、

誰かと話す事で ストレス発散にもなるんだろう。

それはそれで理解できる。

でもな、時と場所を選ばんとな。

 

私の子供時代は商店街がまだ健在だった。

肉屋、魚屋、八百屋。

母ちゃんと買い物に行くと長いから、神社通りの商店街を探索してた。

かなりの確率で同級生と会う。

人が集まれば神社へ突進。

何をするでもなく、何かを見つけて遊んだ。

神主が見守る中、神社の境内を破壊してた。←神様スマン。

 

今は子供にとっても、大人にとっても生きにくいな。

 

 

そうそう、先日の南瓜プリン&豆乳プリンの話。

結果、、、、惨敗(笑)

 

   f:id:mmiimm:20210914115448j:plain

 

  これ、カボチャプリン。のはず。

  南瓜庵?

  カボチャの量が多かったらしい。

 

 

   f:id:mmiimm:20210914115645j:plain

 

   これ、豆乳プリン? 

   なんぞや?

   一時間程蒸たけど固まらない。

   反対にこれがNGだったみたい。

  

人様にお見せするのが恥ずかしい物体になった。

もう笑うしかない。

結局 一人で食べた。

 

なんとかなるさ~では、なんともならんって、学んだ。

もう一回、頑張る。

家で作ったお菓子なら 

糖尿病の母ちゃんも安心して食べれるしね。←ちがう意味で不安かも...

 

明日は母さんの腰の手術日が決まる。

ちょっとの心配はあるけど、母さんの生き抜く精神を信じるの。 

母ちゃん、一緒にたくさん美味しい物を食べようね。

Mさんよ、しっかりするんだぞ!