Abundzu

Lebe gehorsam

<

training for the unexpected 「予期しないできごとへのトレーニング」

※メモ書き。  

 

不動心」は武士道から来ています。意味は「動かない心」

 

 

お金より時間が大切

キャリアを捨てることは、自分にとって大事なリソースを優先することでした。

つまりお金より時間を優先したんです。

お金は人が作ったものです。でも時間は人には作れません。

 

お金は1日で使いきったり、そのあとそれを取り戻すこともできます。

でも、いったん失った時間を取り戻すことができる人なんて誰もいません

みんないつも「どれだけお金が残っているか」気にしてますが、

「どれだけ時間が残っているか」なんて気にしないものです。

 

人生でずっと続くことなんてありません。「保障」など何もないです。

確かなのは「死」だけです。

だからと言ってがっかりすることはなく、

限りあるリソースを使うことばかり考えず、

自分が何を追求するのか考えるべきです。

 

価値あるものは自分自身の中にある

 

ある時占領されて焼け落ちた街がありました。

みんな自分の持てるだけのモノを持って歩いてました。でもここに何も持たずに歩く人がいたんです。

人は聞きました。「あなたのモノはどこですか?」って。そしたら彼はこう言いました。Omnia Mea Mecum Porto と。これはラテン語です。意味は、「私の持っているものは私自身が運んでいる」です。

 

 

Omnia Mea Mecum Porto = Omnia mecum porto mea

ラテン語から来た名言、ことわざ。

ラテン語の正式な読み方はオムニア・メア・メークム・ポルト

祖国が占領されたとき、ギリシアの七賢人の1人ビアスは何も持たずに逃げました。

彼は自分のすべての財産は自分の知恵であると思っていたから、というお話から。

直訳:自分のすべての物を自分が運んでいる

 

 

 

アブラハム・マズローの言葉

A musician must make music, an artist must paint, a poet must write, if he is to be ultimately at peace with himself. What a man can be, he must be

 

「音楽家は音楽を作るべきで、芸術家は絵を描くべきで、詩人は詩を書くべきです。

もし自分が自分自身に完全に満足したいのなら 人は自分ができることをするべきなのです。」

 

これはアメリカの心理学者、マズローの欲求5段階説の1番上の自己実現欲求の説明です。

人間の欲望は5段階のピラミッドの形のようになっていて、下の欲求が満たされると次の欲求が生まれるという説。

下から、生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求、最後が自己実現欲求です。

 

 

残り時間、どう生きるか悩み中のMです。