Abundzu

Lebe gehorsam

<

Hey!boy

※女ですけど…"(-""-)"

 

 

 

成田空港で、

海外で、

ホテルで、

 

なんど男と間違われたか。

 

 

少し髪が伸びて 今はこんな感じ。

   ↓

 

 

出張中、移動は全て車なんだけど 

夜中出歩いたら物騒だから、危険だから、

結局治安が良くない国だから。

 

されど仕事は山と壁で はかどらず眠れず。

酒飲めないし、頭はスッキリしないし。

夜中の12時 ホテル裏にある教会の鐘が鳴る。

 

あ~12時かぁ。

ちょっくら教会へ行くかな。。 綺麗なお姉さんは熊の着ぐるみ状態でお外へ。

教会に向かってトボトボ。

明日の仕事 どうしよう。。 

あぁ~......

 

教会の扉付近に人影発見

まじ、

あ、ここ日本じゃない。。。。

やばい。

引き返そう

で、くるりとUターン

 

 

Hey!

Hey BOY!

月夜の晩に現れたのは 春を売る おばちゃん

 

何度も Hey! 

Hey Boy!の連発。

 

なんじゃ、女じゃ!

 

日本語に驚く 春を売るおばちゃん。

寒い中 

細いあんよ丸出しで 

暖かい場所を求めて Hey Boyか。

 

おばちゃん、女でごめんな。 

おいらの着ぐるみ あげるな。 ぬっくいぬっくいだぞ。

ついでに、「女ですから」と 日本語で伝えた。

 

 

おばちゃんに、

その後 会うことなく帰国したけど。 

 

 

 

売春が合法な国が存在する。

春を売らないと生きていかれない女性が居る。

歳をとっても、外人相手でも、彼女は春を売る。