Abundzu

Lebe gehorsam

同性パートナーに保険の受取を            「パートナーシップ制度」

※言われなきゃ分からんかった

 

入社3年目の男性、通称マスター君

彼の転勤先がドイツに決まった。

コロナの関係もあり期間は1年、あっという間だね。

ワクチン接種も終わり、書類の準備も終わり、

あとは時期をみて行くだけ…のはず。

 

そんなマスター君が私の部屋にコンコンと来た。

なんぞや?

私が彼と話す事はまずない。嫌われてるし(笑)

 

「転勤は構わないのだが、

 保険金の受取を親ではなく彼にして欲しい」と。

 

うちの会社、社員に生命保険を掛けて居るのよ。

急な海外出張もあるし、まぁ国内もそうだけど保険はお守りで。

職種によって保険の内容は違うけど、

会社が全額負担で保険を掛けている。

その受取人を独身である彼は、親ではなく彼にと。

彼に。

かれ、

カレ?

彼ですか?

胃が痛くなるような話だな.."(-""-)"

 

「僕はLGBTです、隠してて申し訳ございませんでした」

何故謝る? 

好意を寄せる相手は 人それぞれだろ。

 

されど保険金の話は別。

これは近親者以外、受取人の指定が出来ない。

一般の保険は出来るかも知れないが、

会社で採用している保険会社では出来ない。はず、、、だと思う。

 

「マスター君、一応調べてみるがね、オバチャンは反対かな。

 大学まで通わせてくれた親だぞ。

 親より先に死ぬって一番の親不孝だぞ。せめて金くらい残してやれや」

 

「親は大丈夫です。兄が居ます。

 でも彼は僕が居なくなったら一人になるんです。

 結婚も出来ないですし、彼を守るもの、保証される物が何もないんです」

 

まぁ落ち着こう。

その前に、

マスター君が死ぬこと前提になってるし。

無事に帰って来る事が一番でないかね。

 

 

ここから 彼のLGBTについての議論がはじまる。

結婚できない事。

世間の目は冷たい事。

変態扱いされる事。

歴史的背景などなど。

 

マスター君と二人でこんな記事も見つけたけど、難しいだろうな。

news.yahoo.co.jp

 

お前も大変だな。

すみません。

謝るなよ。

すみません。

(-_-)

 

とりあえず保険会社へ確認だな。

他の役員に話しても良いか?

…… 

保険会社を変える時、役員の許可は必要だぞ。

……

お前ね、心は決まってるんじゃないの。

…… 変態扱いされてしまう。

 

 

過去に傷つけられた事があったのだろうか?

 

でも、

でもね、

乗り越えなきゃならんぞ。

これから先もな。

 

「はい」

 

 

社長は理解する事が難しいかも....武士だからなぁ、剣道男だし。

胃潰瘍になりそう....。