Abundzu

Lebe gehorsam

<

世界で一番パパが好き

※山国の寒さを表現する時「痛い」が一番適切だろう。

 

 

 

子供の頃よく父に「風が痛い」と、嘆いた。

雪が積もれば暖かいが、

風の吹く日は 身体に刺さり痛い。

 

 

父が亡くなってから何年たつ?

苦しい時、迷った時、

人生の岐路に立つたび私は父を思い出す。

父さんなら何て言う? そう考えると迷いは消える。

 

 

父さん、今年はクリスマスに雪が降りましたよ。

仕事もそこそこ順調です。

正月も迎えられそうです。

ただ少しだけ、

心にポッカリ穴が空いてる気がします。

理由は分かりません。

一生懸命考えましたが 分からないので考える事を止めました。

 

 

ママも私も 歳をとったなって感じる事が増えました。

でもね、

まだ迎えに来ないでね。

 

ボケてきたママと会話をし、少し心配になり、不安になりました。

まだまだ私からママを取らないでね。

娘より、ママの方が大好きなパパだったから心配です。

 

 

父さん、

喧嘩したままサヨナラになってしまったけど 大好きです。

親子にしか、

娘と父親にしか分からない喧嘩でしたね。

 

私、貴方の娘で良かった。

母子家庭みたいな家族だったけど、今は仕事の大変さも理解できます。

 

何故でしょう。

父さんの事を最近よく考えます。

過去を、

幼き頃の自分を思い出し、父さんの事を考えます。

 

父さん、

私はどこかで 自分の人生を悔いて居るのでしょうか。

答えは私が亡くなるその時まで分からないでしょうね。

 

父さん、

孫、抱っこできなかったね。

ごめんね。

 

怒鳴って ごめんね。

電話を勝手に切って ごめんね。

 

 

パパ、

世界で一番パパが好き。 ←これ、サンマと広末のドラマあったよね? 

正月になるし、探してみるかな。

 

ja.wikipedia.org

あった!