Abundzu

Lebe gehorsam

<

父と手作りケーキ

※何かを一緒に

 

 

ちょっと良い話をみつけた。

hunnwariyukiさん、勝手にゴメンナサイね。 

でもね、とても羨ましくて。

www.hunnwariyukiblog.com

私の父さん、自慢の父でした。 外見が(笑)

中身はそこそこのオッサン。

それなりに金を稼ぎ、

隣の芝生は青くみえる生活を子供に与え、

欲しい物はなんでも買ってくれて、我儘娘に育てました。

 

怒る事が滅多にない。 

私が悪い事をしたら母さんが怒られる。

「お前は何を教えてるんだ」って。

 

仕事ばっかりの人で、母子家庭みたいだった。

色々な事を相談したかったけど いつも居ないから自分で決めた。

 

決めたら決めたで反対された。

防衛大に行くって言ったら えらい怒られた。

怒られたのはこれが初めてかな?

 

もっとね、父さんと親子らしい事をしたかったな。

 

父の葬儀には出ていない。

中国奥地で稼いでいたし、 

社葬だったし、

私が戻る頃には葬式終わるし。

 

だからかな、

父さんが亡くなった事をまだ実感できないでいる。

 

hunnwariyukiさんのブログを読み、

私もパパと作ろうかなって簡単に思ってしまった。

この世に居ないのにね。

 

ねぇねぇ、ケーキを買ってくれる父親は沢山いるけど

一緒に作ってくれる父は宝だよ。

 

ねぇ父さん、

私がそっちに行ったらね、一緒にケーキを作りませんか。

 

 

「嫌なとこばっかり父さんに似てる」母さんの口癖 (笑)

似てる所があって良かった。

 

ママ、

母さんと父さんは他人。

私と父さんは 血が繋がっているんだよ(笑)

 

 

 

※ケーキ食べたい......... 作るか!