Abundzu

Lebe gehorsam

<

オリオン座とゴミ捨て

※ゴミ捨ても、二人一緒なら寒くないね

 

明日は生ゴミを捨てる日。

本当は朝の8:00から10:00までって決まっていたけど、

8:00前に会社へ出勤する人達には無理な話。

結局 前日の夜22:00以降なら出してもOKとなった。

最初からそうすれば良いのに。

 

田舎だから

爺さん、婆さんと暮らしている家族は多い。

多いけど、

若いもんだけの家庭も増えてきた。

ゴミ出しは爺さん、婆さんの役目から若い旦那さんへ世代交代である。

 

我家もゴミ出しは旦那の役目。

先日、白菜やダイコン、カブ、名前の分からん葉っぱ類など大量に貰い

使いきれず駄目にした。

ダイコンの葉っぱや、カブの葉っぱも食べれるけど、

母ちゃんがまだ料理を作れないので 私では使い切るにも限界がある。

冷凍室はいっぱいだし。

浅漬けなんて作ってみたけど不味い....。

 

野菜さん、駄目にしてスマン。

 

そもそも料理を作るなんて、苦手を超えて嫌いなのだ。

自然の神様 ゴメンナサイ。

 

頂き物を駄目にした後ろめたさもあり、

ゴメンネ、ごめんね、って謝りながら鼻水垂らし、

今回のゴミ捨ては私も一緒に行った。

 

ゴミステーションには すでに大量の生ごみが沢山出てて、

どこの家庭も同じようにゴミの量はあるわけで、

無駄な事を私達はしてるような気がして。

 

食品ロスなんて言うけど、根本が違う気もして。

なんだろう、うまく言えない。

 

空にはオリオン座が光ってて、

この星も本当は無いのに、光はここまで届いてて。

アインシュタインは偉大だなぁ。。。なんて考えたり。

ダーリンと繋いだ手は暖かくて、幸せだなって思ったり。

 

何を考え、何を言いたいのか分からないけど、

結局のところオリオン座が綺麗でダーリンの手は暖かった。

 

幸せって、ちょっとした事なのかも知れない。

日々生きている中で、

劣等感と敗北と雲隠れの繰り返しだけど、幸せかもしれない。

 

ママ、

生んでくれて、育ててくれて、ありがとう。

父ちゃん、種付け成功したな(笑)