Abundzu

Lebe gehorsam

<

Lady Audleys Secret/Mary Elizabeth Braddon           「オードリー卿夫人の秘密」ブラッドン(1862年)

※ミステリーはお好き?

 

 「オードリー卿夫人の秘密」←私の秘密……?

  簡単な説明:説明になってる?

 

 

・名前を偽り身元を隠してオードリー卿と結婚。←今の日本ではできんな

・実は他の男性と結婚しており、彼が現れると殺そうとする。←殺したんか?

・秘密を守るために放火や殺人未遂を行なう。←滅茶苦茶だろ

 

推理小説の要素をも孕むこの物語は、

 秘密を隠そうとする者と、それを暴こうとする者の闘いの過程を描いたものである】

 

 

私、

家族に対して秘密はないけど、

ついた嘘は墓場まで持って行く。

※嘘と誤魔化しで生きてるから もう大変なのよぉ。( ;∀;)

 

 

 WikiさんやGoogleさんで、コメントや説明を探したけど良いもんがなくて。

電子書籍ならあるみたい。

 

en.wikipedia.org

 

https://ja.jejakjabar.com/wiki/Mary_Elizabeth_Braddon

 

参考までに、

「レディー・オードリーの秘密」で、2014年に三馬志伸さんが訳してるけど、

こちらは読んだ事がないです。

 

 

PS:

1880年代になると現実世界においては「切り裂きジャック」が現れ、

小説の世界ではシャーロック・ホームズが登場する。

 

 

 またね.. (^.^)/~~~