mblog

Lebe gehorsam

Jane Eyre/Charlotte Brontë/訳:吉田健一

※これは説明不要ですね(^^♪


「本が好きなんですね」と、よく言われますが 違います
むしろ苦手です。

チンコロこまい頃から入退院を繰り返して居たので、
本を読む以外やる事がなかった。
今は寝る前に読む事が癖になってしまった。

日本の作家はあまり読みません。
有名どこは読みましたよ、就職試験で一般教養で出ますからね。
今も出るのかしら?

最近の作家が書く内容、私にはつまらないです。
読解力が乏しいぶーこちゃんです。
これぞ!のお勧めがありましたら是非紹介してもらいたいです。
沢木耕太郎岡潔は読みます。これは小説では無いのでスルーですね(笑)

外国の小説を読むなら訳者に注意を払った方が良いと思いますよ。
出版社も選んだ方が宜しいかと。


Charlotte Brontë:1816年4月21日 - 1855年3月31日
Jane Eyre

集英社
訳:吉田 健一がお勧めです。
books.shueisha.co.jp


孤児として育った家庭教師ジェインの数奇な生涯を描いて、
社会の古い伝統・因襲に抗議し、当時のイギリスの上流社会から非難された自伝的恋愛小説。


ja.wikipedia.org

当時の社会に反抗した主人公は新しい女性像を提供し、多大な反響を呼んだ。