Abundzu

Lebe gehorsam

Daisy Miller/Henry James

※今日の常識は明日の非常識。ってか?



まいにち聞く話はコロナの感染者数。
いろいろ言われて居るけど、それぞれの考え方があるわけで。

オリンピックも賛成派と反対派がいたりして、
ここでもまた意見が分かれる。

要するに立ち位置で人の意見は変わる。


私らしく、自分らしく、自由に、自分の心に正直に。。?

好きに生きるだけの財力があれば、
私は己の心に正直にインドへ直行するだろう。


そもそも、自分の心に正直に。って、なんだ?
母ちゃんやダーリン、我家の息子が元気なら、
笑顔で暮らして居れば、それが一番幸せな事だな。



デイジーミラー/ヘンリージェイムズによる小説
1878年6月から7月にコーンヒルマガジンに最初に掲載され、
翌年には本の形で登場。
1974年映画化。

内容:
Googleさんからひぱってこようと思ったけど、英語しかなかった。
簡単に私の言葉で。
社会(階級から)非難を浴びる中で、自由に生きようとした女性(デイジー)が、
マラリヤに掛かって死んじゃった。

ja.wikipedia.org



これね、読み終えた後 
なんとなく心に引っかかる小説なんですよ。

小説として読むより、
人間観察で読み進めると面白いと思う。 (新潮社がお勧め)