mblog

Lebe gehorsam

比べる自分と見下す旦那

隣の芝生は青くみえる。

そう、見えるのだ。 
他人様の方が 今の自分より ずーっと素敵に見えるのだ。
幼き頃から両親に、
「人と自分を比べては駄目」と、言われ続けたが。。。。。。 

住む家がある事、
五体満足である事、
これだけで十分なはずなのに・・・無理!

他国と比べると、日本はなんて素敵な国なんだ。
・日本よりもっと素敵な国があるぞ。

そう、歳を重ねた分、知ってしまった事が山のようにある。
ここより良いとこ。
私より、恵まれた生活をして居る人達。

目が見える事、これだけで幸せだと 思っていたのに。
母さんが健康で生きている事。
旦那が笑顔で生きて居る事。
これで良い。と、思っていたのにね。

事のはじまりは、ニュースを見て居た旦那の一言から。
「無知は悪だ! 考えない馬鹿は不要だ!」
また突然・・・・・

事勿れ主義の私。 
「まぁ、十人十色で」
「君のように考えない人間が多すぎる、もう少し考えて生きたらどうだ」

おい、
お前はそんなに 立派な人生を謳歌しているのか?
言えないけどな。
ひとつ言えば 10こかえってくる。
なんでこの男を選んだのだ? 20年前の私よ、教えてくれ。
愚痴りたい・・・・・

人を見下し、文句ばかり言う旦那を嫌いになりそうだ。
他人の生活が 羨ましく思う自分を嫌いになりそうだ。

隣の芝生は青く見える。
きっと、何処の家庭にも同じような悩みはあるのだろう。
自信を持って生きて居る人が羨ましい。
私は自分の意見さえ、自分の考えさ、伝える事ができない。
口論するのが面倒なんだ。 
情けない大人になったもんだ。

今日も旦那は元気に、
スマホ見ながら運転するんじゃねぇ! 馬鹿!」と怒鳴っている。
まぁ、これは【】だな。